[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. 2020岐阜の保険ばなし ~自動車保険の基本のはなし~

2020岐阜の保険ばなし ~自動車保険の基本のはなし~

損害保険

今回は、自動車保険について、

基本中の基本です。

インターネットなどで各社比較する前に、

ぜひ知っていただきたいポイントですよ。

1.3つのキホンを抑えるべし

2.車両保険が必要な人、不要な人

3.たくさんある特約から選ぶべきものは?

car-accident-2165210__340.jpg

1.3つのキホンを抑えるべし

突然ですが、

上の写真を見てどう思われましたか?

「車がぐちゃ×2」

「乗っていた人大丈夫かな?」

「修理代いくらかかるのだろう、、廃車かな?」

などなど感じる部分は様々ではないでしょうか?


自動車保険では、

①対人&対物

 ⇒相手への賠償責任

②人身傷害

 ⇒運転者や同乗しているご家族のケガの補償

③車両保険

 ⇒対象となる車の修理代

が三つの柱となります。

これらに対して、

「いくらの保険金を設定する」が、

ポイントです。


例えば、写真中央グレーの車が

停車中の赤い車に後ろから追突したケース。

①対人&対物

 ⇒赤い車(他人の所有物)の修理代、

  ガードレールや道路を壊した場合は、

  それらも含まれます。

  また極端な例ですけど赤い車が、

  高価な販売用の貴金属を載せていた場合、

  それらの賠償責任も発生し、

  (修理代や休業補償)

  対物補償で対応します。

  さらに大事故になった場合は、

  被害者は不特定多数になり、

  もっと高額な賠償責任を負う可能性もあります。

  なので基本的には、

  補償額を「無制限」で設定するのが一般的です。

 

【関連ブログ】交通事故で最高裁初判断(逸失利益)

https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat84/entry001230.html

 

②人身傷害

 ⇒グレーの車の運転手や同乗者が対象です。

  ※同乗者が他人の場合は、

  対人&対物扱いとなります。

  自身やご家族のケガの補償については、

  通院費や治療費、

  仕事が出来なくなった場合の休業補償なども

  こちらに含まれます。

  また万が一、寝たきりになって

  生涯介護状態になったら、

  生き続ける間の介護費用も補償されます。

  その場合は億単位になることも、、、。

  安易に金額を下げる方もいらっしゃいますが、

  保険料もそれほど高くないので、

  現在のご年齢や収入、

  ご家族構成などを考慮して、

  過不足のない保険金額の設定が安心です。

 

③車両保険

 ⇒グレーの車も修理が必要と思われます。

  保険を使ってなおすなら、

  車両保険の付帯が必要です。

  また赤い車は、

  グレーの車の対物補償で

  修理できますが、

  万が一グレーの車が自動車保険に未加入っ!

  て、こともあり得ることです。

  実は統計上、

  10台のうち1台が無保険車といわれています。

  事故を繰り返し、

  保険会社から加入を断られている方など、、、。

  加害者側が無保険車でかつ、

  資産がないと差し押さえもできないので、

  結局被害者が泣き寝入り状態になり、

  自身の自動車保険についている

  車両保険を使って、

  自分の車を修理することになります。  


2.車両保険が必要な人、不要な人

三本柱の中で、

唯一車両保険だけがなくても

よい場合があります。

車両保険は、

ご案内したように、

自分の車の修理代を保険でカバーするものです。

つまり、

高額な車を乗っている場合でも

その損害額の上限は最初から把握できます。

500万円の新車なら

損害額が500万円を超えることはありません。

また年数が経過すれば、

さらにその上限額は少なくなります。

背伸びして、

ローンやリースで買ったなら、

車両保険を加入しておいたほうが無難ですが、

金銭的な心配がなく、

日ごろから安全運転に努めており、

かつ最悪事故しても修理代は自己負担でも仕方がない、

というお考えであれば、

車両保険がなくてもよいと思います。

保険料が半分から2/3くらいになります。

いきなり車両保険をなくすのが心配な方は、

エコノミープランで補償範囲を限定し、

保険料を安く抑える方法もありますよ。

 

3.たくさんある特約から選ぶべきものは?

特約のなかにもあったほうがよいオススメがあります。

あれもこれも付けるとキリがありませんが、

使う可能性が高かかったり、

付帯保険料が安いものをご案内します。

・弁護士特約

 相手方との交渉にとても役立ちます。

 相談するだけでも納得した解決に繋がりますので、

 ぜひご確認ください。

・人身傷害車外補償特約

 保険会社によっては、

 名称が異なりますが、

 乗っていた車に保険が掛けられていない場合や、

 散歩中などに

 無保険車やひき逃げによる被害に会った場合に、

 治療費をカバーできます。

 保険料も安く、

 使っても等級はかわりません。

・車両無過失特約

 停車中に後ろから追突された、

 信号無視をされ、衝突されたなどです。

 自分に全く過失がないけど、

 やむを得ず車両保険を使って

 乗っている車の修理をした場合でも

 等級が下がりませんよ特約です。


【関連ブログ】ネット自動車保険がいい??

https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat84/entry001242.html

 

 

 

【弊社へのお問い合わせ】:https://www.c-h-p.co.jp/contact/

【ホームページ】:https://www.c-h-p.co.jp/

【YouTube】:https://www.youtube.com/watch?v=MFIDxro7QhM

【LINE公式アカウント】https://lin.ee/pjUTDjj

↓↓↓ 「いいね!」 ↓↓↓

 

 Facebook】https://www.facebook.com/chp.co.ltd/

 

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。