[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. 2020岐阜の保険ばなし ~交通事故で最高裁初判断(逸失利益)~

2020岐阜の保険ばなし ~交通事故で最高裁初判断(逸失利益)~

損害保険

驚きの判決です!

最高裁が初めて、

交通事故での逸失利益を

定期金で支払う訴えを認めました。

今回の事案は、

平成29年の対人賠償事故について、

賠償金額を争った話です。


1.事故の概要

2.「逸失利益」とは?

3.まとめ

istockphoto-104821184-170667a.jpg

 


1.事故の概要

最高裁の判例結果を参考にまとめます。

 ↓↓↓判例結果はこちら

 https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/571/089571_hanrei.pdf

・加害者:日本ホワイトファーム㈱

・被害者:当時4歳の幼児

・保険会社(加害者側):損害保険ジャパン㈱

・事故状況

 被害者が道路を横断中に、

 加害者が運転する大型貨物自動車に

 衝突され、後遺障害が残った。

・過失割合:8-2

以上が、概要です。


被害者側の家族が、

賠償金を一括払いではなく、

18歳から67歳までの就労可能期間に対して、

定期金で支払うよう求めていました。


2.「逸失利益」とは?

後遺障害にならなければ、

将来仕事を得て、

お金を稼ぐことになります。

今回は、当事故により、

そのお金を得ることが

出来なくなったので、

67歳まで毎年補償してほしいという訴えです。


ざっくり試算してみます。

前提条件

・年収420万円(月額35)万円

・就労期間49年(18歳~67歳)

・ライプニッツ係数5%


<一括払い(一時金)>

420万円×18.1687(49年のライプニッツ係数)

=76,308,540円


<定期金支払い>

420万円×49年

=205,800,000円


205,800,000円-76,308,540円

=129,491,460円もの差額が発生します。

一括払いなら、

金利分(5%)を考慮するので、

安くなるわけです。

なお、ライプニッツ係数は

民法改正により、

現在は3%となりました。

ゆえに、

一括払いでも賠償金額は

以前より高額となります。


3.まとめ

家族にとっては、

7,600万円をもらっただけで、

本当に可愛いわが子が

一人でも生きていけるか、、、

心配なわけです。

 

それよりも

定期的に必要な分だけでも

都度補償を受けられたほうが、

安心という考えだったのでしょう。


一方、加害者側や保険会社にとっては、

支払い金額が増えるだけでなく、

長期にわたって管理するコストが

負担となります。

補足ですが、

判決のなかでは、

今後の状況によっては、

見直し請求も認めるということです。

 

「逸失利益」は、

自動車保険だけでなく、

・傷害保険(業務災害総合保険など)

・賠償責任保険(事業総合賠償保険など)

法人向けの必須保険でも関わってくるため、

今後の動向を注視したほうがいいと思われます。


最後に弊社提携弁護士事務所のご紹介です。

「弁護士法人ALG&Associates」

 https://www.avance-lg.com/

弊社からのご相談は、

初回相談無料となります。

お困りごとございましたら、

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

【弊社へのお問い合わせ】:https://www.c-h-p.co.jp/contact/

【ホームページ】:https://www.c-h-p.co.jp/

【YouTube】:https://www.youtube.com/watch?v=MFIDxro7QhM

【LINE公式アカウント】https://lin.ee/pjUTDjj

↓↓↓ 「いいね!」 ↓↓↓

 Facebook】https://www.facebook.com/chp.co.ltd/

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。