[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

Drip

  1. ホーム
  2. Drip
  3. Dripvol9-9

Dripvol9-9

VOL9

Dripvol9-9

 常識、豆知識

今さら聞けない医療費控除 今さら聞けない医療費控除

医療費控除とは、所得控除のひとつです。1年間(1月1日〜 12 月 31 日)医療費を多く 支払った人は、医療費控除の還付申告をすることで、所得税を減らせる可能性があります。


・医療費控除を受けて税金を 減らそう

 確定申告は2月 16 日〜3月 15 日までに行 わなければなりませんが、医療費控除の還
付申告は1月からも受けられます。
 担当地域の税務署か、岐阜ならマーサで実施していますので、早めに申告すると混雑していないので楽ですよ。
 

・どんな場合にうけられるの?

 医療費が、本人や同世帯で年間 10 万円 (所得200万未満の人は所得税×5%)以上の場合、医療費控除がうけられます。
 

医療費控除額※最高200万円=1月1日〜 12 月 31 日までに実際に支払 った医療費 -
保険金等で補てんされる金額 -10 万円または所得金額の5%のどちら か少ない額
 

・医療費控除の対象ってどんなもの があるの?

■ 医師に支払った診療費・治療費
■ 医師が治療目的で必要だと判断して作成した診断書代
■ 医師の指示による差額ベッド代
■ 治療のためのマッサージ・はり・お灸等
■ 治療のための松葉杖・義足の購入費用
■ 特定健康検査・特定保健指導
■ 入院時に提供される食事代
■ 医師の処方箋により購入をした医薬品
■ 通院・入院などで、電車やバスでの移動が困難な場合のタクシー代
■ レーシック手術
■ 妊娠中の定期検診・出産費用・助産師代
■ 虫歯や入れ歯の費用・治療の歯列矯正
■ 病気やケガの治療のために、薬局で購入した市販の医薬品

 以上のように治療目的のものが対象となります。領収証や家計簿等の記録が必要な場合もありますので、確認して申告しましょう。
 

・医療費控除の対象にならないもの ってどんなもの?

■ 医師等の謝礼 
■ 美容整形 
■ 歯石除去
■ 入院時の差額ベッド代
■ 会社や保険会社に提出する診断書代
■ メガネ・コンタクトレンズの購入代金
■ 予防注射・定期検診や人間ドック費用
■ 疲労回復・健康増進・予防のための医薬品
■ 通院のための自家用車のガソリン代金・駐車代
■ 出産のために実家に帰る時の交通費

これらのように美容・予防・健康増進目 的と判断されるものは対象になりません。 詳しくは、国税局のホームページや、税務 署・税理士に相談して申告しましょう。
 

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。