[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

Drip

  1. ホーム
  2. Drip
  3. Dripvol10-6

Dripvol10-6

VOL10

Dripvol10-6

健康インフォメーション

~ロコモティブシンドローム~

 最近は「ロコモ」と、CMなどでも良 く聞くワードですね。  
 日本語名では「運動器症候群」といい ます。主に自分で移動する能力が低下し、介護状態になる危険度が高い諸症状を言います。  
 体の感覚、神経から筋肉(考えて動か す)までを思ったように動かせないとい ったことでしょうか。

なぜロコモの存在が言われるように なったのか

 高齢社会となり、大昔と異なり多くの 人が長く生きる時代となりました。  
 そこで新たに出てきたのが、「長時間 運動器を使用し続けた」ことによる「障害」 です。  
 日本は長寿の国ですが、「平均寿命」= 「健康に生きた時間」ではありません。  
 要支援・要介護が必要となる要因にい ちばん多いのがロコモ・運動機能障害な のです。
 いま、ロコモを防ごうと様々な啓発が されています。

こんな状態は要注意!
7つのロコモ簡単チェック

1.片脚立ちで、くつ下が 履けない
2.家の中でつまずい たり滑ったりする
3.階段を上がるのに 手すりが必要
4.家のやや重い仕事が 困難である
5.2kg程度の買物を して持ち帰るのが困難
6.15 分くらい続けて歩く ことができない
7.横断歩道を青信号で 渡り切れない

若い・・・まだ大丈夫・・・
だから気にかけてください!

 身体機能の衰えだから、まだ関係ない。 と思っている方。すでにロコモ予備軍かも しれません。  
体を支える骨や筋肉は日々状態を変え ています。運動不足や逆に激しすぎる運 動、肥満・痩せすぎはロコモを引き起こす要因です。食生活からくる栄養素のバラ ンスも大変重要です。  
 知らず知らずのうちに今の生活が衰え る習慣を重ねていっているかもしれませ ん。健康でいられる時間を長くするために いま、考えましょう。

ロコモをもっと知りたい方はこちら

ロコモ度判定やトレーニングが見られ ます。
ロコモチャレンジ https://locomo-joa.jp/


 

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。