[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. お金を貯める方法・人生を豊かにする本をご紹介します(投資編) <第5回>

お金を貯める方法・人生を豊かにする本をご紹介します(投資編) <第5回>

社員日記

 『子どもが10歳になったら投資をさせなさい』

・子どもに「お金持ちになるにはどうしたらいい?」と聞かれたら、あたなはどう答えますか?

・子どもから「老後2,000万円問題って何?」と質問されたら、あたなはどう答えますか?

IMG_0708.jpeg

著者は、ファイナンシャルプランナーで2万3千人の相談実績がある横山光昭氏です。数多いるFPのなかで私が興味を惹いたのは、5女1男の父親でもあることでした。

自らも「家族マネー会議」を通して、6人もの子どもたちに金銭教育をされており、その様子を中心にお金にまつわる基本的なことから投資するための準備や心構えなどをわかりやすくまとめてあります。

IMG_0711.jpeg

<目次>

PART1:子どもと一緒に「お金の使い方」を考える

PART2:子どもに「お金の増やし方」を教える

PART3:子どもと「お金と社会」について学ぶ

200ページほどですが、身近な話題にからめて書かれているのであっという間に読めました。横山家では小遣い以外にお金がほしいときにはなんと、「なぜそのお金が必要か?」を家族の前でプレゼンをするそうです。その結果次第でお金が支給されたり、されなかったりと。


お金を貯めたい、これから投資を始めたい、そんな大人の方が読んでも役立つ一冊です。

まだまだ昭和時代の親や学校の影響で、「リスク=危険」や「銀行貯金が一番安全」という考えが多いようにも感じます。これからの年金制度や働き方を考えた時、電子マネーや暗号資産が気になる今、一歩踏み出すいい機会ではないでしょうか?


著者の考え方にも共感できる部分がたくさんありました。

・欲しいと必要のちがい

・口出しは最低限で、失敗の経験もさせる

・浪費も必要不可欠

・お金に対する自分軸が重要

などなど。


最後に実践的なエピソードも参考になりました。子ども名義の証券口座を開設できる会社が4つ紹介されています。ちょうど我が家でも子どもに積み立て投信をやらせてみようかと検討し始めたタイミング。具体的な商品についてもいくつか紹介されています。まずは、インデックスファンドから、、、。

IMG_0710 (1).jpeg


【関連記事】

お金を貯める方法・人生を豊かなにする本をご紹介します<第4回>

 

<<文章作成>>

太田直哉(㈱中央保険プラザ コンサルタント)

 

弊社へのお問い合わせはこちらから

ホームページはこちらから

YouTubeはこちらから

LINE公式アカウント

Facebook

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。