[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. お金が貯まらない人必見! 読書がもたらしてくれた人生を楽しむためのヒント <第2回>

お金が貯まらない人必見! 読書がもたらしてくれた人生を楽しむためのヒント <第2回>

社員日記

『老後に備えない生き方』

 著者:岸見一郎

 <こんな方におすすめ>

・老後のお金が心配

・介護をする生活に疲れた

・病気で体調が優れない

・人間関係に悩んでいる

・とにかく不安やストレスがいっぱい

 

IMG_9917.jpeg

<この本の目次>

 第一章 未来と過去を手放す

 第二章 他者との関係

 第三章 病気、老い、死から自由になる

 第四章 他者との共生

 第五章 未来、変化、これから

 

かつて、人生100年時代に向けて、

「2,000万円足りないんです!」

って、言った人がいました(笑)


確かに老後はお金の心配がつきものですよね。

そんな問題を解決できるのでは・・・?

と思い期待を込めて手に取りました^^


ところが全く期待を裏切られました、、、

著者は、哲学者であり、

人生の生老病死における「こころ」のあり方、

その時その時の自分の考え方を

アドバイスしてくれるような内容でした^^;


一般の方々からの

冒頭目次に関する質問に対して著者が答え、

深掘りをしていく構成です。

介護や人間関係のお悩み解決が中心でした。

あらためて己の「捉え方」を考えさせられました。


肝心のお金のはなしについては、

第五章で「心豊かに生きよう」をテーマに

少し触れられていたので、

紹介させていただきますね。


「老後の蓄えを十分持っていないからといって、

誰もが不安になるわけではない。」

つまり、「貧しい≠不幸」ということ。


その上で「贅沢」についても

人それぞれで客観的に基準が

あるわけではないと振り返っています。

例えば、贅沢を感じる状況も

・お金

・時間

・経験

など価値基準もさまざまです。


いかにも哲学者らしく、

「幸福を感じる」ために贅沢をしている場合があるだけ

と教えてくれています。

なので、

幸福を感じられるように生きていくために

・贅沢が必要か不要か

・そもそも贅沢とは何か

をいろいろ気づかされました。


ただし、

・先のことを考え節約も大事

・経済性から完全に自由にはならない

ともお金に関してもちゃんと向き合っています。


最後に、これぞ「読書の副産物」

まったく意図していない気付きがありました。

こちらです↓↓↓

「尊敬は、その人が、その人らしく成長発展していけるよう気づかうことである」

相手を自分のために変えようとするのではなく、

その人らしくあることを気づかうと教えてくれました。

 

お金の相談はこちらから

 

<<文章作成>>

太田直哉(㈱中央保険プラザ コンサルタント)

 

弊社へのお問い合わせはこちらから

ホームページはこちらから

YouTubeはこちらから

LINE公式アカウント

Facebook

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。