[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. 2020岐阜の保険ばなし ~火災保険の証券の見方(満期が来たら)~

2020岐阜の保険ばなし ~火災保険の証券の見方(満期が来たら)~

損害保険

今回は、火災保険の

保険証券の見方をご案内します!

証券で見る大事なポイントは、

・保険金額

・保険期間

・補償内容

です。

 

すでに火災保険に加入されている方、

補償内容を覚えていますか?

地震の被害にあったらいくらもらえますか?

 

随分昔に契約して、、、

そのままになっているという人も多いはず。

 

またこれから火災保険を検討される方や

来年、再来年に満期を迎える方は、

火災保険についてぜひ再確認してみましょう。

【火災保険見積り依頼】

https://www.c-h-p.co.jp/products/kasai-hoken.html

 

 istockphoto-1181447291-170667a.jpg

保険金額は、

全焼した場合に元通りに家を建てられるだけの

金額設定になっているかを確認します。

自動車保険の車両保険と違って、

新築価格で保険が

掛けられているかがポイントです。

建築資材や人件費は

年々上昇傾向にあるので、

時々評価額を見直しておくと安心ですよ。

 

保険期間は契約年月にもよりますが、

1年~最長35年まで契約できます。

ただし、

20211月以降は建物の建築年月日によって、

選択できる契約期間がかなり細分化されています。

新築の家なら最大10年まで契約ができます。

 

最後に補償内容です。

自然災害と日常災害、

そして地震の3つを抑えましょう!

自然災害は、

火災・落雷・台風・洪水などです。

日常災害は盗難などによる被害です。

 ↓↓↓こちらをぜひご覧ください

【関連ブログ】火災保険の支払い実績

https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat84/entry000866.html

 

では証券のサンプルを見ながら、

そのあたりを確認しましょう。

 omote.jpeg

こちらは、業界最大手の

東京海上日動の住まいの保険証券サンプルです。

表面には、

大事なポイントのうち④に

保険期間が記載されています。

火災保険と地震保険の期間は

異なることもありますが、

間違いではありませんのでご安心ください。

続いて裏面をご覧ください。

 

 ura.jpeg

⑫が最も重要な保険金額です。

建物と家財それぞれに

いくらの補償が設定されているかを確認しましょう。

そして⑬が補償内容のうち

自然災害と日常災害、

⑭が地震保険です。

地震にも建物と家財

それぞれに金額設定があります。

免責金額(自己負担額)の有無についても確認できます。

 

また⑬の左側に

事故の種類が書いてありますので、

わかりやすいですね。

オールリスクといって、

すべて補償対象とすると

いろいろな場合に修理代などを

請求することができます。

【関連ブログ】火災保険の請求は簡単だった

https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat84/entry000868.html

【火災保険見積り依頼】

 

https://www.c-h-p.co.jp/products/kasai-hoken.html

 

 

【弊社へのお問い合わせ】:https://www.c-h-p.co.jp/contact/

【ホームページ】:https://www.c-h-p.co.jp/

【YouTube】:https://www.youtube.com/watch?v=MFIDxro7QhM

【LINE公式アカウント】https://lin.ee/pjUTDjj

↓↓↓ 「いいね!」 ↓↓↓

 Facebook】https://www.facebook.com/chp.co.ltd/

 

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。