[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. 2020岐阜の保険ばなし ~建設業の保険(概要編)~

2020岐阜の保険ばなし ~建設業の保険(概要編)~

損害保険

今回は、弊社が得意とする分野のひとつでもある

「建設業の保険」について概要をまとめます。

建設業といっても、

保険業界での建設業とは、

一般建築だけでなく、

土木工事、設備工事、解体工事など

幅広く建設業と定義します。

リスクの高い工事には、

保険の引受けができない場合もありますので、

ご注意&ご確認くださいね。

 

お客様からのご紹介や

電話もしくはメールでの問合せで、

「工事保険に入りたい」

「現場の保険に入りたい」

相談いただくケースが最も多いです。

ご連絡いただいたときに、

私たち代理店担当者は、

あの保険かな?どの保険かな?と

いろいろヒアリングしながら必要な補償を

考えていきます。

 

建設業では、

3つ保険を検討する必要があります。

1.賠償保険(請負賠償保険など)

2.傷害保険(労災上乗せ保険など)

3.火災保険(建設工事保険、土木工事保険、組立保険など)

建設.jpg

 


1.賠償保険(請負賠償保険など)

工事中ならびに完成引き渡し後に起こる、「対人&対物事故」が対象です。

具体的には、

・工事中に資材を落として、通行人をケガさせた

・工事現場の隣地へ、重機を当ててしまった

・配管接続ミスで、引き渡し後に水漏れした

などです。

第三者や施主など工事をする人間以外への

賠償責任を補償します。

 

2.傷害保険(労災上乗せ保険など)

こちらは、

工事をする人の業務中のケガを補償します。

・足場から落ちて、骨を折った

・熱中症で病院へ運ばれた

業種柄、

上記のようなケガのリスクが高く、

また下請人や一人親方など特有の雇用形態にも

対応が必要と考えられます。

 

3.火災保険(建設工事保険、土木工事保険、組立保険など)

現場内において、自社が所有し、

完成後に引き渡しを要するもの(構築物など)を補償する保険です。

例えば、

・戸建て住宅を請け負ったが、工事中に火災が発生した

・ユニットバスをトラックから荷下ろし後、運搬中に壊した

・現場で保管していたサッシが夜間盗まれた

などが起こってしまうと、

また材料や商品を仕入れるのにお金がかかります。

そういった費用負担を避けることが目的の保険です。

 

別のブログで詳しく、説明していきます。

ご不明な点がございましたら、

弊社もしくは、

担当代理店までお問い合わせくださいね。

 

弊社へのお問い合わせ:https://www.c-h-p.co.jp/contact/

弊社ホームページ:https://www.c-h-p.co.jp/

↓↓↓ 「いいね!」 ↓↓↓

 Facebook:https://www.facebook.com/chp.co.ltd/

 

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。