[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. 2020岐阜の保険ばなし ~火災保険の改定①~

2020岐阜の保険ばなし ~火災保険の改定①~

火災保険

損害保険料率算出機構は、

火災保険参考純率の変更に関する届出を、

2019年10月7日付で金融庁長官に行い、

同年10月30日適合性審査結果通知を受領いたしました。

これにより、

損害保険料率算出機構では

①平均で4.9%の引き上げ

②築年数が浅い住宅(築浅住宅)に対する割引の導入

を行います。

 

※本資料に記載の改定率・割引の数値は、

参考純率に関するものであり、

保険契約者の方が実際に支払われる

保険料の改定内容とは異なります

(損害保険料率算出機構ホームページより一部抜粋)

 

 

つまり、

今年から来年にかけて損害保険各社が

火災保険の改定に踏み切ることになりそうです。

※詳細が決まり次第、順次ご案内予定です

①火災保険とは?

②改定の背景

③収支状況

ブログ.jpg

 


①火災保険とは?

主に建物が火事や自然災害による

損害を受けたときに補償されます。

よろしければ、

↓↓↓こちらもご覧くださいね^^

<過去ブログ>

~火災保険で知っておきたいこと~

https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat84/cat51/entry000863.html

~火災保険の請求は簡単だった~

https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat84/entry000868.html

~火災保険の割引制度(個人編)~

https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat84/entry000856.html

 

②改定の背景

その最たるものは、

自然災害の増加です。

例えば、

住宅火災の件数は、ここ数年

年間10,000件~12,000件あたりを

ほぼ横ばいで推移してます。

 

対して、

自然災害については、

2016年度の13万件から2017年度には24万件、

1,236億円の支払いがありました。

 

さらに、 

2018年度は、

岐阜県も大きな被害を受けた台風21号を含め、

1兆3,578億円!!

2019年度も

房総半島を襲った台風15号を含め、

8,582億円でした。

この二年間、突出しているわけです。

 

そして、

老朽化していく建物と

新しく新築されていく建物との

いわゆる格差が生じているのも問題です。

特にマンションなどを中心とした、

「水漏れ事故」が増加傾向です。

 

とはいえ、火災保険の契約者としては、

保険料改定の背景は理解できるけど、

「ざっくりし過ぎじゃない?」

と感じることもあるのではないでしょうか。

メンテナンスをしっかりしていても

古いだけで保険料が高くなるのが現状です、、、。

 

③収支状況

実際の損害保険各社の収支はどうなんでしょうかね?

少し気になったので、

2019年度火災保険事業の決算を見てみました^^;

 

業界最大手の「東京海上ホールディングス」です。

・正味収入保険料(火災)

 ⇒5,358億円(前年比1.8%プラス)に対して、

・正味支払保険金(火災)

 ⇒4,709億円(前年比52.5%プラス)でした。

5,358億円-4,709億円=649億円(保険料収入の12%)

諸々の経費を差し引くと、

大赤字事業です。

 

もう一社、

「SOMPOホールディングス」はどうでしょうか?

・正味収入保険料(火災)

 ⇒2,851億円(前年比7.6%プラス)に対して、

・正味支払保険金(火災)

 ⇒2,334億円(前年比22.6%マイナス)でした。

こちらは、

一昨年が損害率107%という大々赤字でしたので、

2019年度は前年比マイナスですが、

まだ赤字事業のようです。

 

通常、損害保険では、

損害率といって

収入保険料の5~6割程度までに

支払保険金を抑えないと

赤字といわれます。

 

電機メーカーなどが、

不採算事業から撤退しますよね。

保険の場合は、

公的扶助のもと

そういうわけにはいきませんから、

値上げをして、新しく保険加入&継続される方へ、

保険会社の利益が確保できるように、

商品の提供が常にされるのが現状です。

 

なので、今後はAIやビッグデータを活用し、

より各々のリスクに見合った、

もっと顧客目線な保険料で

商品開発されるといいなぁ~と思います。

 

弊社へのお問い合わせ:https://www.c-h-p.co.jp/contact/

ホームページ:https://www.c-h-p.co.jp/

LINE公式アカウント:https://lin.ee/pjUTDjj

↓↓↓ 「いいね!」 ↓↓↓

 Facebook:https://www.facebook.com/chp.co.ltd/

 

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。