[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. 2020岐阜の保険ばなし ~経営者の相続対策~

2020岐阜の保険ばなし ~経営者の相続対策~

相続対策

コンサルタントの太田です。

今回は、

経営者の相続対策について、

岐阜市加納城南通の

「ミッドランド税理士法人 ぎふ永田会計」へ

訪問し、所長の永田税理士より、

いろいろお話を伺ったことを

まとめてみました。

 ※2020.9.2時点の税制

『ミッドランド税理士法人 ぎふ永田会計』ホームページ

 https://www.nagata-kaikei.info/

1.相続の相談相手は誰がよい?

2.この2点から検討してみる!

3.相談には何が必要??

istockphoto-1178916772-170667a.jpg

 


1.相続の相談相手は誰がよい?

皆さんは、

相続のご相談は誰にされますか?

(誰にされていますか?)

相続対策や相続税申告には、

税金のことから、

不動産や遺言、登記など

様々な分野の専門知識が必要になります。


なので、パートナーは、

税理士の方をはじめ、

司法書士の方、不動産会社の方、

信託銀行など多岐に渡ります。

皆さんご自身が、

既にネットワークをお持ちであればよいのですが、

経験豊富な各分野の専門家の方々は、

数に限りがあるようです。


こちらの事務所は、

相続実務について

・実績&経験が豊富

・あらゆる専門家をコーディネートできる

点が特徴なので、

時々、私も駆け込み寺として、

お世話になっているわけです^^

上記の2点が相談相手として、

進めやすいと感じております。


また既に相続税申告を済ませた方も

セカンドオピニオンとして、

修正申告による

「相続税の還付」ができるか、、、

も気軽に診断してもらえますよ。


2.この2点から検討してみる!

何から手を付ければよいか、、、

迷うところですが、

諸々の財産をどう処理するかがポイントです。

諸々の財産とは、

・現金、有価証券、保険

・不動産

・自社株

あたりです。

処理にあたり、

下記の2点①と②から検討してみましょう!


①退職金を受け取る

一般的に

経営者の方々は将来、

リタイヤされる際に

会社から退職金を受け取る準備を

されていると思います。

実際に受け取る時におよそ、

「月額報酬×在任期間×2」程度なら

税務上否認されることなく、

お金をもらえます。

例えば、

月額報酬100万円で、在任30年なら

100万円×30年×2=6,000万円の

退職金を会社から受け取れます。


その際、

会社は支払った退職金は、

損金扱いとして計上しますので、

結果として利益が圧縮され、

自社株の評価を下げることができます。

これにより、

納税資金の準備と同時に、

自社株を後継者や会社へ

金銭的負担を少なくして

移すことが可能になります。


②暦年贈与

多くの方はご存知だと思いますが、

毎年110万円以内の贈与なら、

贈与税の課税はされません。

 【国税庁ホームページ 贈与税の計算と税率】

 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4408.htm


手持ちの現金や

場合によっては不動産を処分した現金などを

この暦年贈与を使って、

各相続人へお金を生前に渡していくことも

有効な対策の一つです。

 【関連ブログ】暦年贈与の保険ってあるの?

 https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat55/entry001155.html


暦年贈与の効果は、

・本人の財産を少なくできる点

(⇒相続税を減らせる)

・相続人の納税資金を確保できる点

(⇒税金を払うお金が確保できる)

があげられます。


以上の2点①②から

検討してみるところから始めると同時に、

各資産の評価額を算出し、

納税額を把握すれば、

選択肢が明確になってきます。

いろいろ対策の方法がわかっても

資産状況と納税額が把握できていなければ、

全く意味がありません。

 

またその際に合わせて、

遺言書作成もぜひ検討してほしいと仰ってました。

まずは今のお気持ちやお考えで書いてみて、

状況が変われば、内容も変更できるとのことです。


3.相談には何が必要??

経営者の相続相談にあたっては、

・会社の確定申告書一式

・個人の固定資産税評価証明書

・現金、有価証券、保険内容がわかるもの

があれば概ねの対応が可能です。

 【関連ブログ】相続と生命保険

 https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat67/entry001209.html

 

最後に相続対策は、

・分割対策(遺言書など)

・納税資金対策(今回のテーマ)

の双方から検証していきます。

一朝一夕で出来ることではないので、

元気なうちから早め早めに動き始めて、

時間を有効に使っていくことが、

選択肢もたくさんあり、

最善だということでした。

ちょっと相談してみたい方、

セカンドオピニオンを受けてみてい方は、

いつでもお気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

【弊社へのお問い合わせ】:https://www.c-h-p.co.jp/contact/

【ホームページ】:https://www.c-h-p.co.jp/

【YouTube】:https://www.youtube.com/watch?v=MFIDxro7QhM

【LINE公式アカウント】https://lin.ee/pjUTDjj

↓↓↓ 「いいね!」 ↓↓↓

 

 

 Facebook】https://www.facebook.com/chp.co.ltd/ 

 

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。