[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. 2020岐阜の保険ばなし ~相続と生命保険~

2020岐阜の保険ばなし ~相続と生命保険~

相続対策

生命保険は何歳まで加入できるのでしょうか?

一昔前までは、

「60歳で生命保険は終わってしまう」

そんなイメージが強かったみたいです。

最近では保険会社にもよりますが、

90歳でも加入できる商品もあります。

 

これらの保険の特徴は、

相続において役に立つという点です。

簡単にポイントをまとめました。

1.相続とは?

2.生命保険で出来ること

3.加入するには??

istockphoto-1153358772-170667a.jpg

1.相続とは?

亡くなった人が残した財産を

遺族が譲り受けることです。

その際に問題となるのは、

・多額の相続税を納める場合

・遺産分割でもめる場合

です。

 

<多額の相続税を納める場合>

一定額を超えるまでは、

相続税を支払う必要はありません。

少なくとも3,000万円の

基礎控除を超えなければ大丈夫です。

(一般的な一戸建てなら大丈夫です)

 

統計によると、

およそ年間の死亡者数は

100万人くらいと言われています。

そのうち5~10%の方が、

相続税を支払うことになっているそうです。

 

<遺産分割でもめる場合>

よくサスペンスドラマとかでもありますよね?

(ちょっと例えが古いか、、、)

いい財産を

出来るだけ、たくさん欲しいのは、

誰も同じこと。

現金だけならまだしも

不動産や有価証券など

価値も利用方法も様々だと

相続人が多いほど奪い合う可能性が高くなりがちです。

 

また財産を残す人も

誰に何をあげたいかなど、

想いがあれば、

形で残したいですよね。

 

2.生命保険で出来ること

生命保険では、

そんな困ったことを軽減してくれます。

・納税額を少なくできる

預貯金のままお金を残すよりも

生命保険会社にお金を

預けておくと、

500万円×相続人分控除できます。

詳しくは、↓↓↓こちら国税庁ホームページより

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4114.htm

 

・生命保険金なら受取人を指定できます

通常、財産を誰かに渡したいときは、

遺言書を書かない限り、

本人の意思が約束されません。

 

保険金の受取人で指定しておくと、

必ずその方が受け取ることができます。

保険会社から直接支払されます。

「あげたい人にお金を渡せます」

保険金は受取人固有の財産なので、

誰も文句は言えません。

 

ただし、

保険金の受取人で指定できるのは、

〇〇親等以内と決まっているので、

生前お世話になった第三者へは、

相続人の遺留分を侵害しないように、

遺言書を書く必要があります。

 

3.加入するには??

生命保険会社もしくは、

保険代理店にて申込の手続きが必要です。

通常通り健康状態を

告知&診査する保険もあれば、

まったく健康状態を問わない商品もあります。

 

 

ただし、必ずご本人が自署する必要があったり、

入院中や認知症などの方は加入できません。

 

生命保険で出来る相続対策は、

簡単ですがさほど大きな効果はありません。

スムーズな遺産分割と

納税額を少しでも抑えるには、

適正な評価を行い、同時に

遺言を作成することをお勧めします。

 

(参考)

~暦年贈与の保険ってあるの??~

https://www.c-h-p.co.jp/blog/cat55/entry001155.html

 

 

弊社へのお問い合わせ:https://www.c-h-p.co.jp/contact/

ホームページ:https://www.c-h-p.co.jp/

LINE公式アカウント:https://lin.ee/pjUTDjj

↓↓↓ 「いいね!」 ↓↓↓

 Facebook:https://www.facebook.com/chp.co.ltd/

 

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。