[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. 2020岐阜の保険ばなし ~外貨建て保険と積み立てNISAとiDeCo~

2020岐阜の保険ばなし ~外貨建て保険と積み立てNISAとiDeCo~

生命保険

資産形成において選択肢は様々ありますが、

日々のご相談で特に多い、

・外貨建て保険

・積み立てNISA

・iDeCo

についてそれぞれの特徴をまとめてみました。

 【関連記事はこちら】

 外貨建て保険の注意点

 

1.支払うときのメリット

2.受取るときのメリット

3.知っておきたい運用商品のちがい

4.まとめ

tumitete.jpg

1.支払うときのメリット


外貨建て保険は、

生命保険と同じ扱いになります。

新たに契約した場合は、

年間80,000円以上の保険料を支払いすると

上限の40,000円が所得控除できます。

 

積み立てNISAは、

支払い時に所得控除はありません。

年間の購入金額40万円分までの

分配金と売却益が非課税となります。

 

iDeCoは、

掛け金の全額が所得控除できます。

・自営業の方は、年間68,000円

・会社員や公務員の方は、年間12,000円~23,000円

・専業主婦の方は、23,000円

まで拠出することが出来きます。

掛け金は、

月額5,000円以上で

1,000円単位で毎年変更も出来ます。

 

⇒支払い時のメリットは、

「iDeCo」が最も大きくなります。

 


2.受取るときのメリット


外貨建て保険は、

ここでも生命保険と同じです。

死亡保険金で遺族が受け取ると、

相続人一人あたり500万円まで非課税となります。

資産形成目的なら満期保険金や解約返戻金にて

受け取ることになるので、

払込総保険料との差額が50万円を超えなければ、

納税は発生しません。

超えた分は、

一時所得として1/2をして、

総合課税となります。

 

積み立てNISAは、

先に記載した通り、

年間40万円まで購入した分の

分配金と売却益について、

通常20%課税が非課税となります。

2018年から2037年までの20年間、

最大800万円まで適用されます。


iDeCoは、

将来の年金づくりなので、

60歳まで運用することになります。

この運用期間中に発生する

運用益が非課税となり、

60歳以降、

一括で受け取るなら

 ⇒退職所得控除

分割で受け取るなら

 ⇒公的年金等控除

を受けられ、所得税の優遇を受けられます。



3.知っておきたい運用商品のちがい


外貨建て保険は、

海外の債券で運用されます。

債券は一般的に

株式よりもリスクが低いと言われます。

※ただし債券にもデフォルトリスクがあります

運用リスクは、

保険会社が負担するので、

契約者は為替リスクのみ保持することになります。


積み立てNISAは、

公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に

限定されており、

その名の通り「株」で運用されます。

 対象所品については、こちら↓↓↓

「つみたてNISAの対象商品」(金融庁ホームページより引用)

 

iDeCoは、

選択肢が幅広いです。

まずは、取り扱っている金融機関、

・銀行

・証券会社

・保険会社

を決め、各社が取り扱っている対象商品から選べます。

主な対象商品は、

・預貯金

・保険

・国内債券

・国内株式

・外国債券

・外国株式

などです。

どれか一つでもいいですし、

それぞれ組み合わせも自由です。



4.まとめ


以上、税制面を中心にそれぞれ特徴があります。

またiDeCoは原則60歳まで解約することはできませんので、

使い方をわけると、、、

 

・保障が必要なら外貨建て保険

 

・資産が増えたら使いたいなら積み立てNISA

 

・積極的に運用して年金づくりならiDeCo

ざっくりこんな感じでしょうかね。

 

【関連動画はこちら】

生命保険とは? 基本形3つ!

 

iDeCo公式サイト こちらをクリック

 

 

弊社へのお問い合わせはこちらから

ホームページはこちらから

YouTubeはこちらから

LINE公式アカウント

Facebook

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。