[FREE DIAL]0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)

メール

お電話

CHP ブログ

  1. ホーム
  2. CHP ブログ
  3. 2020岐阜の保険ばなし ~確定申告の医療費控除~

2020岐阜の保険ばなし ~確定申告の医療費控除~

生命保険

まもなく確定申告される方の納税時期となります^^

(還付請求は1月より受付中です)

今回はその中でも「医療費控除」について少しだけ深堀してみますね。

1.生命保険会社から給付金を受け取ったら?

2.最高200万円

3.対象となる医療費

 


1.生命保険会社から給付金を受け取ったら?

入院費給付金などを保険会社から受け取ったら、

その分は負担した医療費から控除する必要があります。

例えば、高額療養費制度適用後の自己負担額が30万円とした場合、

10万円を超える20万円が控除対象となります。

この場合、保険会社から給付金で10万円を受け取っていると、

さらにその10万円を控除し、残りの10万円が確定申告で控除申請できる額となります。

 高額療養費制度適用後:30万円-10万円(最低負担額)-10万円(給付金)=10万円(控除対象)

 

2.最高200万円

対象者は、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために

支払った医療費であることです。

10万円を超える部分が対象になります。

入院費だけでなく、通院費用もOKです。

 

3.対象となる医療費

一般的に多いのは、

  1. 病院や歯医者さんでの診療又は治療
  2. (ただし、健康診断の費用は原則として含まれません)
  3.  
  4. ドラッグストアなどで治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価
  5. (ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりません。)

などなどです。

さらに深堀すると、

健康診断でも重大な病気が発見され、引き続きその治療が必要になった場合は、

治療のために必要な医療費となり、控除対象となります。

 

もっと詳しく知りたい方は、こちら↓

https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/shoto304.htm

参照した国税庁のホームページです。

Q&Aもあり、参考になるかもしれませんね。

 

弊社へのお問い合わせ:https://www.c-h-p.co.jp/contact/

弊社ホームページ:https://www.c-h-p.co.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/chp.co.ltd/

 

 

保険でお困りの方、お気軽にご相談下さい!

お電話でご相談をご希望の方
フリーダイアル 0120-19-1148 営業時間 9:00~17:00(月~金)
メールでご相談をご希望の方
お気軽にどうぞ!こちらからお問い合わせください

24時間500円から加入できる自動車保険

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。